武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

五月人形、展示しました。

CIMG0679 CIMG0681

 5月5日は「こどもの日」です。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

 鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

 現在では、アパートやマンションに住む方が増え、兜飾りや鯉のぼりを掲げる家庭は少なくなりました。それでも後世に残していきたい行事です。神社に展示している鎧兜はどれも大きなお飾りばかりです。ぜひ、参拝の際、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です