武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

五月人形を展示しました。

CIMG2948 CIMG2950
当社、社務所に五月人形を展示しました。5月5日は、こどもの日・端午の節供です。
 五月人形の始まりは、昔、武士の家に男の子が生まれると玄関前に鎧(よろい)・兜(かぶと)や幟旗(のぼりばた)などを飾って、
その子の健やかな成長と家の繁栄を祈りました。
時代の移り変わりと共に民間にも広がり、規模が小さくなり、屋内にも飾られるようになったそうです。

五月人形は厄などからお子様を守るために、こいのぼりには健やかな成長と立身出世を願う想いがあります。
また5月5日には、粽(ちまき)や柏餅を食べて男の子の成長をお祝いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です