武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

重陽の節句について

本日9月9日は、五節句の一つである「重陽の節句」です。
中国では奇数はよいことを表す陽数、偶数は悪いことを表す陰数とする教えがあり、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の起源です。中でも一番大きな陽数「9」が重なる重陽の節句はもっとも重要な日と考えられてきました。
平安時代の初期に伝来し、初めは宮中行事として貴族の間だけで行われていました。また、中国から伝来した菊の花は珍しい花だったので、重陽の節句に合わせて盛んに「観菊の宴」が開かれるようになりました。
旧暦では、菊の花が咲く時期のため、「菊の節句」とも呼ばれています。現在でも秋が深まると菊の展覧会が開かれるのは、その名残です。

今年も残り4ヶ月となりました。
日増しに秋の気配が感じられる季節になってきましたが、しばらくは残暑が続きそうです。
どうぞ身体には気をつけてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です