武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

八十八夜について

八十八夜とは、季節を知らせる雑節のひとつです。
立春から数えて八十八日目の日を指し、毎年5月2日頃がこの日に当たります。

「夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みじゃないか
あかねだすきに菅の笠

日和続きの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌う
摘めよ 摘め摘め 摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ」

この歌の歌詞にもあるように、八十八夜といえば茶摘みというイメージがあります。
この頃から日に日に夏めいてきて、農家では稲の種まきや茶摘みが始まる時期を迎えます。
また、八十八夜に摘んだお茶を飲むと長生きするともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です