武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

72回目の原爆の日を思って

8月6日は広島で、8月9日は長崎でそれぞれ被爆72年の「原爆の日」を迎えました。
両日ともにそれぞれの地において平和式典が行われ、安倍首相をはじめ多くの人が原爆で犠牲となった方に祈りを捧げました。
原爆によって広島で12万人、長崎で7万人の罪のない多くの一般人が犠牲となりました。人類史上最も恐ろしい兵器です。

ところで今年は国連において核兵器禁止条約が採択されましたが、日本は条約参加を見送りました。
世界で唯一の被爆国である日本がなぜ条約に参加しないのか。様々な要因があり、そう簡単な話ではないようです。
例えば核保有国が一国も入っていないこの条約にどれだけ実効性があるのか、
またアメリカをはじめ核保有国との溝が出来てしまい、核廃絶に向けた話し合いができなくなってしまう恐れなど、
世界のパワーバランスを考えた上の見送りだったように感じます。
その一方で北朝鮮での核実験など、核の脅威は増しています。世界の各国が連携し、その暴走が止まるよう願うばかりです。

いずれにしても多くの命を奪った原爆が二度と使われることのないよう、そして犠牲に遭われた方のご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA