武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

巫女さんブログ

『重陽の節句』の展示について

 
岩槻まちの『重陽の節句』のイベントに合わせて
当社でも「古今雛」や「つるし雛」などを展示しております。
江戸時代ごろから9月9日の重陽の節句に雛人形を再び飾り、
無病息災を祈る「後(のち)の雛祭り」という風習が生まれました。
3月に飾った雛人形を9月にもう一度出すことで虫干しをして痛みを防ぎ、長持ちさせようという意味もあります。

どうぞ参拝の際、ご覧ください。
また、下記の日程で「菊酒の振る舞い」を行います。

~「菊酒振る舞い」日程~
10月7日(土)・8日(日)・9日(月・祝)・14日(土)・15日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA