武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

安産祈願

いつ・どうするの?戌の日に安産祈願?

安産祈願は妊娠5ヶ月目の戌の日に参拝し子供を授かった事を感謝し、元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯をしめる習わしがあります。これは、犬が安産で子犬の成長が早いことにあやかるものです。腹帯をお持ち頂ければ安産祈願の際、神前にておはらいいたします。受付の際にお申し出下さい。腹帯を身につけておまいり頂いても結構です。
久伊豆神社では腹帯の頒布や授与もいたしております。
安産祈願は必ず戌の日にしなければならない。ということではなく、お母さんの体調を優先し、ご家族一緒におまいりできる日がよいでしょう。当社では毎日、安産祈願を行っております。

久伊豆神社のご祭神「大国主命」は子宝に恵まれた神様

久伊豆神社のご祭神大国主命は、子宝に恵まれ男女百八十名もの子孫がいる神様である。”大国主命”は出雲神話の主役であり、もちろん出雲大社の主祭神である。また、少名彦神と協力して天下を経営し、禁厭、医療などの道を教えた。
【ご利益】
 古くから開拓の守護神であり、五穀豊穣、農業と漁業の守護神であり、医療、温泉の神でもある。航海や交通安全および学業成就、商売繁盛、家内安全、厄除開運、勝運など、更には縁結び、夫婦和合、安産や子育て、病気平癒から歌舞、音曲にまで、御利益はかなり広範囲に及んでいる。

安産のご利益あり! 夢叶い犬「子宝いぬ」

久伊豆神社の境内には縁結び・安産・子育てに関係するものがたくさんあります。拝殿の右側には『夢叶い犬』子宝いぬ。手水舎の前には『夫婦(めおと)モッコク』があります。『夢叶い犬』をなでると子宝、安産に恵まれるという話が伝わっております。『夢叶い犬』は秋田犬のメスで「子宝いぬ」と呼ばれ市民より親しまれております。
犬の安産にあやかり、多くの人が安産の願いをこめ撫でていらっしゃいます。特に、戌の日などにはみなさん熱心になでている風景がよくみられます。

安産のお祓い前に絵馬に願掛けを…

安産祈願の絵馬や、子供の成長を祈る絵馬が多く奉納されております。
昇殿祈祷で安産祈願をお待ちの時や、祈願終了後に、絵馬に願いを託してお書きください。お子様の健やかな成長を願掛けいたしましょう。

安産の祝いに…
腹帯のプレゼントはいかがですか?

遠方に住んでいる娘さんやお嫁さんのために腹帯のおはらいに訪れる方が近年増えております。ご懐妊のお祝いにということで、デパートや専門店等で腹帯を購入の後、神社にお持ちになり、代理で安産の祈願をお受けになります。腹帯のおはらいの後、神社からの祈願札・授与品と腹帯をお送りになっているようです。特に初孫という方が多いように見受けられますが、いつの世もお孫さんの無事の誕生を祈る気持ちに変わりはありません。

安産祈願をされた方へ「安産祈願のお祝品」をお渡しいたします。

安産祈願をされた方には、安産祈願のお祝品(おふだ・お守・鈴の緒守り・絵馬・張り子の犬)をお渡ししております。
鈴の緒御守は、久伊豆神社の特別なお守りで、腹帯にはさむことにより、おなかの赤ちゃんとお母さんをお守りいたします。
明神さまのご加護のもと、これからの大切な期間を守り、助け、神様がいい方向へと導いてくださることでしょう。

【鈴の緒御守】について

鈴の緒(すずのお)とは、賽銭箱の前に下がっている紐を指します。 昔、鈴の緒を腹帯として巻いたところ、安産であったことから鈴の緒は安産御守りとして人々に広がりました。当社の「鈴の緒御守」は、神職による手製で一つ一つ丹精を込めて奉製しております。安産御守(錦守り)を鈴の緒で包み、御朱印を押しております。安産を願って腹帯に挟んでいただき、身に付けてください。

お宮詣り

無事お子様が誕生した後は、お礼の「お宮詣り」

無事に赤ちゃんが誕生した後は、七日目に命名とともにお七夜の祝いをします。生後一ヶ月たつと初めて神社にお宮まいりに行き、無事生まれたことを感謝するとともに赤ちゃんの成長と健康をお祈りします。住む地域により違いがあるようですが、このあたりでは男児32日女児33日目を目安にお参りください。またこの日にこだわらず、赤ちゃんとお母さんの体調や天候などを考えて家族揃ってお参りされると良いでしょう。特に寒さが厳しい1月・2月に生まれた赤ちゃんが暖かくなってから3月・4月にお宮参りにいらっしゃることもよくあります。
安産祈願のお礼まいりの意味もあります。お宮参りの際には安産のお守等を神社にお返しください。
※日数は赤ちゃんが誕生した日を入れて数えます。

お守り

  • お神札
    お神札
  • 安産守り
    安産守り
    700円
  • 錦守り
    錦守り
    700円
  • 安産絵馬
    安産絵馬
    600円
  • キティ安産守り
    キティ安産守り
    800円
  • 岩田帯び
    岩田帯び
    2,000円