武州岩槻総鎮守 久伊豆神社

ご祈願サイクル

人生のご祈願サイクル

人の人生は長く、大切な時「節目」が数多く訪れます。
その節目の時こそ、「良いスタートの一歩を踏み出すお手伝いが出来る神社」でありたいと日サイズ神社は考えております。
迷っている時、感謝したい時、お願いしたい時、そんな時こそ新しい一歩を久伊豆神社で踏み出してみませんか?

人生儀礼

  • 安産祈願

    • 妊娠5カ月目の戌の日に、腹帯を巻きます。
      「犬」は出産が軽いと言うことにあやかり「戌の日」に安産祈願をし腹帯を巻きます。
      子宝に恵まれたことを神様に感謝し、母体の安全と無事に赤ちゃんが生まれることを祈願します。

      当日、腹帯をご持参いただければ祈願受付の際にお預かりし、一緒にお祓い致します。
      また、授与所にてサラシタイプの腹帯も頒布しております。

      ※目安の日にちですので妊婦様の体調に合わせてお越しください。
      ※授与品:御神札・絵馬・安産お守り・鈴の緒腹帯守り・張子の犬

  • 命名

    • お子様のお誕生おめでとうございます。
      古くからの習慣で「お七夜」にお子様の名前をつけ、健やかな成長を願いお祝いをします。

      命名にあたりお困りのことがありましたらご相談ください。良いお名前をおつけいたします。

      お名前が決定しましたら「命名の証」に墨書しお渡しいたします。

  • 初宮詣

    • 生まれて初めて神様にごあいさつする日です。
      無事に生まれたことに感謝し、これからの赤ちゃんの成長と健康を祈願します。
      男の子なら生後32日目、女の子なら33日目に行います。(約1カ月前後)

      ※目安の日にちですのでお子様の体調に合わせてお越しください。

  • 七五三

    • 子供の年祝いをする古くからの風習で
      三歳の男女とも、短くしていた髪をのばしはじめる「髪置(かみおき)」の儀式。
      五歳の男児は袴を着用しはじめる「袴着(はかまぎ)」の儀式。
      七歳の女児は着物を着るとき帯を使用しはじめる「帯解(おびとき)」の儀式。

      現在では、その年齢に晴れ着を着て神社へ詣でます。今までの無事に感謝し、これからの成長と健康を祈願します。

      ※11月15日は七五三の日ですが、休日等のご都合のよい日をお選びいただきおこしください。
        また、数え歳・満年齢どちらでも承っております。

  • 入学(ランドセルお祓い式)

    • 御卒園・ご入学おめでとうございます。
      日々成長してゆく子供たちの姿を見ることは、ご両親や祖父母さまにとって何よりも楽しみなものです.桜の花咲く道を、小さい背中に大きなランドセルを背負って歩く新一年生の姿はとても可愛らしく、頼もしくもあります.お子様がお生まれになり、初めて神社へお参りをした「お宮まいり」から今日まで、お子様の成長を見守ってくださった氏神さまに感謝を捧げると共に、あらためて今後の無事をお祈りしたいものです. これから毎日背負う新しいランドセルをお祓いし、六年間の学校生活の充実と交通安全を祈願いたします.ご家族おそろいでご参列いただき、晴れやかにご入学の日をお迎えください. 御神札、御守り、学業成就鉛筆、絵馬を授与いたします。

  • 成人式

    • ご成人おめでとうございます。
      この20年、多くの恵や力添えを頂いた事を神様に感謝するとともに、立派な成人になるようにお願いする儀式です。
      これからは世の為人の為に尽くし、仕事や勉学に励み、責任感のある人間になることを神様に約束し、見護っていただきますよう祈願いたします。

  • 良縁祈願

    • 人は一生のなかで多くの人に巡り合い、そのなかには「人生のパートナーとの出会い」「良い仕事との出会い」「一生に一度の出会い」とさまざまな出会いがあります。そういった巡り合わせを”縁”と呼んでいます。

      当神社の御祭神であります大国主命は縁結びの神様としても有名です。
      多くの姫神と結ばれ多くの子孫をのこしました。また、男女の縁だけでなく、多種多様の縁も結んでくれる神様です。

      また、ご祈願とは別に授与所にて「夢むすび絵馬」を頒布しております。
      この絵馬に書かれた”夢”を神様はきっと結んでくださることでしょう。
      「夢叶いお守り」「むすびお守り」などのお守りも頒布しております。

  • 結婚式

    • 人生のなかで最も重要な儀式であり、日本古来の伝統を継承した神前でおこなう厳粛な式です。
      新郎新婦がこれから先、お互いに助け励ましあうことを神様に誓い、この縁をさらに固い縁とし結ばれますことをお祈りいたします。

  • 方位除け

    • 九星気学・易学などの考え方で、人の生まれた年を九つの星に割り当てます。
      そして、方位盤の北東(鬼門)・北(衰運)・南西(裏鬼門)・中央(八方塞がり)に当たる方は凶の方位のため、災いがないよう方位除・八方除のお祓いをいたします。

      また、年回りからみて良くない方向への引っ越しや旅行をされる方のお祓いもいたします。

      ※詳しくは方位盤をご覧ください。

  • 厄年

    • 心身や社会環境の変化から精神的・肉体的疲労をおこし体調を崩しやすく災難が降りかかりやすい年といわれております。
      災難を未然に防ぎ、いつもと変わらない日々の生活をお過ごしいただけますよう祈願いたします。

      男性は25歳・42歳、女性は19歳・33歳・37歳、男女共通61歳が厄年に当たり「本厄」、前後の年を「前厄」「後厄」といいます。
      ※詳しくは厄年年表をご覧ください。

  • 年祝い

    • 節目のお祝いの年に、これまでの人生を自省し神様に感謝するとともに、これからの益々の健康と発展を祈願いたします。
      還暦(かんれき) 61歳 60年で生まれた年と同じ干支に還る事からこの名がついた。 
      古希(こき)    70歳 唐の詩人杜甫(トホ)の詩「人生七十古来稀なり」と言う言葉から付けられた。
      喜寿(きじゅ)   77歳 「喜」の字の草書体が「七十七」に見えることからつけられた。
      傘寿(さんじゅ)  80歳 傘の略字「仐」からで、八・十に分解されることからつけられた。
      半寿(はんじゅ) 81歳 半という字が八・十・一に分解されることからつけられた。
                      また、将棋盤の目が81ある事から、盤寿とも言われています。 
      米寿(べいじゅ) 88歳 米という字が八・十・八に分解されることからつけられた。
      卒寿(そつじゅ) 90歳 卒の俗字「卆」が九・十に分解されることからつけられた。
      白寿(はくじゅ)  99歳 百の時から一をとると白という字になることからつけられた。
      上寿(じょうじゅ)100歳 60歳の下寿、80歳の中寿に対するものです。

社殿祈願

  • 交通安全

    • 車を購入された場合には車をはじめ運転手の方や同乗者の方の交通安全を祈願いたします。
      お越しになりましたら、駐車場から参道へ入り車止めのある車祓所にご駐車ください。
      社殿での祈願後、車のお祓いをいたします。

      ※お守りに車体番号も記入致しますので、車番を全てメモして授与所へお越しください。
      お祓いの後も交通ルールを守り安全運転におつとめください。
  • 合格祈願

    • 志望校の入学試験をはじめ、就職試験や各種資格試験の合格祈願をいたします。

      合格を勝ち取るということは、人生の出発でもあり自分の運勢にも左右することになります。
      よりよい人生を歩んで行く為に神様のお力をおかりし、日頃の成果を発揮できるようお祈り申し上げます。
  • 安産祈願

    • 妊娠5カ月目の戌の日に、腹帯を巻きます。
      「犬」は出産が軽いと言うことにあやかり「戌の日」に安産祈願をし腹帯を巻きます。
      子宝に恵まれたことを神様に感謝し、母体の安全と無事に赤ちゃんが生まれることを祈願します。

      当日、腹帯をご持参いただければ祈願受付の際にお預かりし、御朱印を押させていただきます。
      また、授与所にてサラシタイプの腹帯も頒布しております。

      ※目安の日にちですので妊婦様の体調に合わせてお越しください。
  • 命名

    • お子様のお誕生おめでとうございます。
      古くからの習慣で「お七夜」にお子様の名前をつけ、健やかな成長を願いお祝いをします。

      命名にあたりお困りのことがありましたらご相談ください。良いお名前をおつけいたします。

      お名前が決定しましたら「命名の証」に墨書しお渡しいたします。
  • 初宮詣

    • 生まれて初めて神様にごあいさつする日です。
      無事に生まれたことに感謝し、これからの赤ちゃんの成長と健康を祈願します。
      男の子なら生後32日目、女の子なら33日目に行います。(約1カ月前後)

      ※目安の日にちですのでお子様の体調に合わせてお越しください。
  • 七五三

    • 子供の年祝いをする古くからの風習で
      三歳の男女とも、短くしていた髪をのばしはじめる「髪置(かみおき)」の儀式。
      五歳の男児は袴を着用しはじめる「袴着(はかまぎ)」の儀式。
      七歳の女児は着物を着るとき帯を使用しはじめる「帯解(おびとき)」の儀式。

      現在では、その年齢に晴れ着を着て神社へ詣でます。今までの無事に感謝し、これからの成長と健康を祈願します。

      ※11月15日は七五三の日ですが、休日等のご都合のよい日をお選びいただきおこしください。
        また、数え歳・満年齢どちらでも承っております。
  • 入学

    • 御卒園・ご入学おめでとうございます。
      日々成長してゆく子供たちの姿を見ることは、ご両親や祖父母さまにとって何よりも楽しみなものです.桜の花咲く道を、小さい背中に大きなランドセルを背負って歩く新一年生の姿はとても可愛らしく、頼もしくもあります.お子様がお生まれになり、初めて神社へお参りをした「お宮まいり」から今日まで、お子様の成長を見守ってくださった氏神さまに感謝を捧げると共に、あらためて今後の無事をお祈りしたいものです. これから毎日背負う新しいランドセルをお祓いし、六年間の学校生活の充実と交通安全を祈願いたします.ご家族おそろいでご参列いただき、晴れやかにご入学の日をお迎えください. 御神札、御守り、学業成就鉛筆、絵馬を授与いたします。
  • 成人式

    • ご成人おめでとうございます。
      この20年、多くの恵や力添えを頂いた事を神様に感謝するとともに、立派な成人になるようにお願いする儀式です。
      これからは世の為人の為に尽くし、仕事や勉学に励み、責任感のある人間になることを神様に約束し、見護っていただきますよう祈願いたします。

  • 良縁祈願

    • 人は一生のなかで多くの人に巡り合い、そのなかには「人生のパートナーとの出会い」「良い仕事との出会い」「一生に一度の出会い」とさまざまな出会いがあります。そういった巡り合わせを”縁”と呼んでいます。

      当神社の御祭神であります大国主命は縁結びの神様としても有名です。
      多くの姫神と結ばれ多くの子孫をのこしました。また、男女の縁だけでなく、多種多様の縁も結んでくれる神様です。

      また、ご祈願とは別に授与所にて「夢むすび絵馬」を頒布しております。
      この絵馬に書かれた”夢”を神様はきっと結んでくださることでしょう。
      「夢叶いお守り」「むすびお守り」などのお守りも頒布しております。

  • 結婚式

    • 人生のなかで最も重要な儀式であり、日本古来の伝統を継承した神前でおこなう厳粛な式です。
      新郎新婦がこれから先、お互いに助け励ましあうことを神様に誓い、この縁をさらに固い縁とし結ばれますことをお祈りいたします。

  • 方位除け

    • 九星気学・易学などの考え方で、人の生まれた年を九つの星に割り当てます。
      そして、方位盤の北東(鬼門)・北(衰運)・南西(裏鬼門)・中央(八方塞がり)に当たる方は凶の方位のため、災いがないよう方位除・八方除のお祓いをいたします。

      また、年回りからみて良くない方向への引っ越しや旅行をされる方のお祓いもいたします。

      ※詳しくは方位盤をご覧ください。

  • 厄年

    • 心身や社会環境の変化から精神的・肉体的疲労をおこし体調を崩しやすく災難が降りかかりやすい年といわれております。
      災難を未然に防ぎ、いつもと変わらない日々の生活をお過ごしいただけますよう祈願いたします。

      男性は25歳・42歳、女性は19歳・33歳・37歳、男女共通61歳が厄年に当たり「本厄」、前後の年を「前厄」「後厄」といいます。
      ※詳しくは厄年年表をご覧ください。

  • 年祝い

    • 節目のお祝いの年に、これまでの人生を自省し神様に感謝するとともに、これからの益々の健康と発展を祈願いたします。
      還暦(かんれき) 61歳 60年で生まれた年と同じ干支に還る事からこの名がついた。 
      古希(こき)    70歳 唐の詩人杜甫(トホ)の詩「人生七十古来稀なり」と言う言葉から付けられた。
      喜寿(きじゅ)   77歳 「喜」の字の草書体が「七十七」に見えることからつけられた。
      傘寿(さんじゅ)  80歳 傘の略字「仐」からで、八・十に分解されることからつけられた。
      半寿(はんじゅ) 81歳 半という字が八・十・一に分解されることからつけられた。
                      また、将棋盤の目が81ある事から、盤寿とも言われています。 
      米寿(べいじゅ) 88歳 米という字が八・十・八に分解されることからつけられた。
      卒寿(そつじゅ) 90歳 卒の俗字「卆」が九・十に分解されることからつけられた。
      白寿(はくじゅ)  99歳 百の時から一をとると白という字になることからつけられた。
      上寿(じょうじゅ)100歳 60歳の下寿、80歳の中寿に対するものです。

出張祭典

  • 地鎮祭

    • 建物の建つ中央に斎竹(いみだけ)を四本立て、神聖な場所を示す注連縄(しめなわ)を張りめぐらせます。神様の依代(よりしろ)となる神籬(ひもろぎ)を立て、米・酒をはじめ海の物・山の物を供え土地の神様をお迎えします。

      土地の神様の御霊(みたま)を鎮め、敷地の穢れを祓い清め工事の安全を祈願します。
      また、末永く災害から建物と家族を守っていただくことをお願いします。

      当日ご準備していただくもの
      【施主様】                             【施工業者様】
      ・米(一升)                            ・竹(4本) 
      ・酒(一升)                            ・砂(約20kg)
      ・塩(約30g)                           ・縄
      ・魚(尾頭付き)または昆布、スルメ
      ・野菜(3種類を3個ずつを目安に) 
      ・果物(3種類を3個ずつを目安に)

      ※上記神饌物などがご準備できない場合や分からない事がありましたら、直接ご相談

  • 新築家屋祓い

    • 新築のご自宅を持ち、入居するにあたりご自宅の清め祓いを行います。
      工事が無事に終わり立派な建物が完成したことを神様に報告し、そこに住むご家族の繁栄と安全を末長く見護っていただきますよう祈願いたします。
      また、中古・建売の家を購入されたときも同様にご自宅の清め祓いを致しましょう。

      当日ご準備していただくもの(ご相談ください)
         ・酒(一升または小瓶)
         ・米、塩(小皿に盛りつけてください)・
         ・野菜・果物少々
         ・鯛(尾頭付き)または、昆布とスルメ

法人祈願

  • 社殿で行う法人祈願

    • 代表者様をはじめ皆様で神社にお越しいただいて拝殿にて御祈願いたします。工事安全祈願 商売繁盛 社運隆昌など何でもご要望に応じ御祈願いたします。
      特にお正月の仕事始めの御祈願はその年の社運を左右するといわれております。是非皆様お揃いでお越しください。
      一万円の場合   ・・・木札 絵馬 御神酒    *他社と一緒の御祈願となります。
      二万円以上の場合・・・木札 絵馬 御神酒    *二社迄での御祈願となります。《要予約》
                                                                         *予約の企業様は、予約時間の10分前までにご来社下さい
      ≪絵馬の授与品は、お正月(三が日)のご祈願となります≫

  • 出張して行う法人祈願

    • 出張祭典とは、「ひもろぎ」という依り代に神様をお迎えし神事を行います。                                 
      地鎮祭 竣工祭 上棟祭 神棚祭りこみ 工事安全祈願 開店式 開所式など何でもご要望にお応じ御祈願いたします。また、不幸な出来事などの清め祓いもいたします。                                                    
      神様に手を合わせること、それは会社(お店)が繁栄する大きな要素と言えるでしょう。 私たちが住んでいるこの大地は神様からの借りものです。八百万(やおよろず)の神様をお慰めし生業(なりわい)をいただけることに感謝をすること、これは私たち日本人の根源といえるでしょう。

      ※お供え物等の準備品がありますので直接御相談ください。

神葬祭

  • 神葬祭

    • 【神葬祭】
      神葬祭とは神道でおこなう葬儀のことです。”死”は”穢れ”と考えられているため聖域の神社でおこなわず、故人の自宅か葬祭場でおこないます。御霊を幽世(かくりよ、あの世とよばれるところ)に送る儀式です。
      [通夜祭(お通夜)]
      本来は、近親者が棺のそばで夜を徹してロウソクの火を絶やさないように守り、死者が生き返ることを願い夜通しそばに付き添っておりました。
      現在では葬儀の前夜におこない故人を慰め、併せて御霊(みたま)を霊璽(れいじ)に移し留める遷霊祭(せんれいさい)をおこないます。
      [葬場祭(告別式)]
      生前の経歴を神様に奏上し、最後の別れを告げます。

      〜式次第〜
      [通夜祭]
       修祓
       斎主一拝
       献饌
       斎主 通夜祭詞奏上
       喪主 玉串拝礼
       斎主 遷霊詞奏上
       斎主 遷霊祭詞奏上
       斎主 玉串拝礼
       喪主 玉串拝礼
       家族親族・参列者 玉串拝礼
       撤饌
       斎主一拝

      [葬場祭]
       修祓
       斎主一拝
       献饌
       斎主 葬場祭詞奏上
       斎主 玉串拝礼
       喪主 玉串拝礼
       家族親族・参列者 玉串拝礼
       斎主 十日祭詞奏上
       喪主 玉串拝礼
       撤饌
       斎主一拝

祖霊祭

  • 祖霊祭

    • 【祖霊祭】
      [霊祭(みたままつり)]
      葬儀後、節目ごとに御霊を偲びおこなわれます。本来は亡くなられた日から数えて十日毎におこなわれていましたが、現在ではそのほとんどが省略され、神葬祭時に繰り上げて十日祭をおこないます。
      五十日祭に忌明けとなり、神社への参拝や神棚のお祀りを再開します。そして、祖先の御霊と同様にお祀りするため霊璽(れいじ)を祖霊舎に移します。
      [埋葬祭(納骨祭)]
      本来は火葬した直後、墓前にて納骨いたします。近年では五十日祭・百日祭などに納骨する例が多く見受けられます。
      [年祭(式年祭)]
      一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、以下五年毎に行い五十年祭で家族親族の守り神である祖霊神になります。それ以降は百年ごとにおこない先祖の御霊を慰めます。

      ※参拝方法は「二拝 二拍手 一拝」で、葬儀から五十日祭までの期間は「忍び手」という音を立てない拍手をします。
      ※霊祭・年祭を行う場所、参列者数などの詳細については申込みの際に併せてご連絡ください。