安産祈願

安産祈願

戌の日参り、安産祈願は久伊豆神社へ

久伊豆神社の御祭神は大国主命(オオクニヌシノミコト)といい、大変多くの御子に恵まれたことから、安産の神さまといわれ、そのご神徳を求めて多くの方がお参りされています。

古くから安定期に入る妊娠5ヶ月目の戌の日に神社へお参りし子どもを授かった事を感謝し、元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯(腹帯)をしめる習慣があります。
祈願を受ける際、腹帯をお持ち頂ければ神前にてお祓いいたします。受付の際にお預けください、また複体は身に付けてご祈願を受けられても結構です。神社にも腹帯(サラシタイプ)のご用意はございます。

戌の日参り、安産祈願は久伊豆神社へ

なぜ「戌の日」に「安産祈願」?

犬(戌)は多産であり、お産も軽いことから安産の守り神とされてきたことに由来します。しかしながら必ず戌の日にしなければならないということではなく、ご本人の体調を優先し、ご家族一緒にお参りできる日がよいでしょう。
当社では毎日、安産祈願を行っております。

なぜ「戌の日」に「安産祈願」?

安産のご利益あり!「叶い戌」

久伊豆神社の境内には安産・子育てに関係するものがたくさんあります。拝殿の右側には『叶い戌』がいます。この犬をなでると子宝、安産に恵まれるという話が伝わっております。この『叶い戌』は秋田犬のメスで「子宝いぬ」と呼ばれ、多くの人が安産の願いを込め、撫でていらっしゃいます。

安産のご利益あり!「叶い戌」

安産絵馬に願掛けを…

境内の絵馬掛けには安産祈願や、子供の成長を祈る絵馬が多く奉納されております。
安産祈願を申し込まれた方には「安産絵馬」を差し上げております。
無事の出産やお子様の健やかな成長を願掛けいたしましょう。

安産絵馬に願掛けを…

ご懐妊のお祝いに…腹帯のプレゼントはいかがですか?

遠方に住んでいる娘さんやお嫁さんのために「腹帯」のお祓いに訪れる方が近年増えております。お孫さんの無事の誕生を祈ってどうぞお参り下さい。

maternity-wp-icon

安産祈願をされた方へ「安産祈願のお祝品」をお渡しいたします

安産祈願をされた方には、安産祈願のお祝品(お札・お守・鈴の緒守り・絵馬・張り子戌)をお渡ししております。
鈴の緒御守は、久伊豆神社の特別なお守りです。腹帯に挟んで、おなかの赤ちゃんとお母さんをお守りいたします。張り子戌はお子様の無事の誕生とその後の成長を願う御守です。

【鈴の緒御守】について

鈴の緒(すずのお)とは、賽銭箱の前に下がっている紐を指します。 昔、鈴の緒を腹帯として巻いたところ、安産であったことから鈴の緒は安産御守りとして人々に広がりました。当社の「鈴の緒御守」は、神職による手製で一つ一つ丹精を込めて奉製しております。安産御守(錦守り)を鈴の緒で包み、御朱印を押しております。安産を願って腹帯に挟んでいただき、身に付けてください。

【鈴の緒御守】について

戌の日カレンダー

平成30年1月 6(土) / 18(木) / 30(火)
2月 11(日) / 23(金)
3月 7(水) / 19(月) / 31(土)
4月 12(木) / 24(火)
5月 6(日) / 18(金) / 30(水)
6月 11(月) / 23(土)
平成30年7月 5(木) / 17(火) / 29(日)
8月 10(金) / 22(水)
9月 3(月) / 15(土) / 27(木)
10月 9(火) / 21(日)
11月 2(金) / 14(水) / 26(月)
12月 8(土) / 20(木)

お宮参り

無事にお子様が誕生したら、神様に御礼の「お宮参り」をしましょう

無事に赤ちゃんが誕生した後は、七日目に命名とともにお七夜の祝いをします。生後一ヶ月たつと初めて神社にお参りし、無事生まれたことを感謝するとともに赤ちゃんの成長と健康をお祈りします。日にちはあまりこだわらず、赤ちゃんとお母さんの体調や天候などを考えて家族揃ってお参りください。例えば寒さが厳しい1月、2月に生まれた赤ちゃんは暖かくなる3月、4月にお宮参りにいらっしゃることもよくあります。
また安産祈願のお守り等は、お宮参りの際に神社にお返しください。

安産授与品

安産授与品(一例)

安産授与品(一例)

初穂料 7,000円の場合

※授与品は変更する場合がございます。

安産御守関連

安産御守

安産御守

700円

安産御守(キティ)

安産御守(キティ)

800円

安産戌守

安産戌守

800円

安産腹帯

安産腹帯

2,000円