岩槻城の総鎮守、江戸の鬼門除けとしても名高い由緒ある神社

埼玉県さいたま市岩槻区にある久伊豆神社は、地域の氏神さまとして心の故郷でありたいと考えております。
身近な神社として感じてもらえるように、一年を通して自由に参加できる行事が沢山ございます。
また「クイズ神社」ともいわれ勝負運に強い神社としてウルトラクイズの予選会場にもなりました。
普段のお散歩や人生の節目に、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

お知らせ

新着一覧へ

四季の御朱印「冬」頒布(12月~2月の9日前後の1週間)

四季の御朱印帳を御朱印にいたしました。「冬」は日の出を背景に松竹梅や雪の結晶の紋様が描かれた縁起の良い意匠となっています。

孔雀の縁日である各月9日の前後1週間限定で頒布いたします。

頒布期間:12月4日~12日、1月8日~16日、2月5日~13日

※御朱印の郵送は行っておりませんのでご了承ください。

お正月の神振行事と受付時間のご案内

12月より新年の御札、御守、縁起物の頒布開始致します。幸先詣も受付。

年内のご祈祷は12月30日迄となります。(大晦日はお正月準備となります。ご了承願います)

お正月の神振行事は、1日10:00~15:00はお囃子、2日はお琴の演奏、3日は太鼓の演奏を行っております。

お琴と太鼓の公演は、午前11時30分~・午後2時~の2回となっております。

ご祈祷の受付時間:元旦0時~3時、7時~19時。2日8時~18時。3日8時~17時。

4日以降は9時~16時30分となります。(御守頒布も同様となります)

三が日は、参道等一方通行となりますので、ご指示に従ってください

郵送対応OK

 

四季の御朱印帳「冬」を授与初めます。

四季の御朱印帳「冬」を12月1日から授与いたします。

12月~2月の期間限定。おひとり様一冊まで。

四季の御朱印帳「冬」は雪や松竹梅の紋様が散りばめられ、白地に初日の出を象徴する紅と金黄色のグラデーションとなっております。また当神社のシンボル、孔雀も冬仕様で羽が抜けた姿となりました。

現在、持参された御朱印帳には記帳しておりませんが、こちらの御朱印帳には直接記帳して授与いたします。

〇四季の御朱印帳について

日本の四季はそれぞれ美しい自然の景色を楽しませてくれます。また四季折々の特長を生かした年中行事や風習もあり、私たちの生活を豊かなものにしてくれます。
この度、久伊豆神社ではそんな四季の移り変わりを感じていただこうと「四季の御朱印帳」を奉製いたしました。一年を4期に分けて頒布していく予定です。

 

 

新型コロナウィルス感染症対策について

感染症予防の為、以下の対策を取らせて頂いております

・社務所受付:16時まで 閉門:17時(10月~3月)

・持参された御朱印帳への記帳は行わず、紙(書置き)でのお渡しとなります。

・職員はマスクを着用して応対いたします。

・御祈祷の際、拝殿内の椅子は密接を防ぐため、間隔をあけております。

・拝殿末社の鈴緒は撤去しました。二礼二拍手一礼にてご参拝ください。

・手水舎では流水にてお清めください(柄杓は撤去しました)

皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。事態の収束と、ご崇敬の皆様のご健康をお祈りいたします。

御祈祷のご予約、郵送対応を行います

新型コロナウィルス感染拡大をうけ、参拝者の安全と健康を考慮いたしまして、久伊豆神社では御祈祷の事前予約対応と祈願札の郵送を行います。予約制により滞在時間が少なくなり、人数も把握できることから少人数でご案内が可能となります。また外出自粛等で参拝が困難な場合は、こちらで祈願した御札の郵送も行います。

お申し込みは下記専用フォームよりお願いします。ご不明な点は神社(048-756-0503)までお問い合わせください。

御来社での祈祷予約ページ

郵送による祈祷申込ページ